遺留分減殺請求の解決事例①

カテゴリ: 相続・家族信託の解決事例

 1 遺留分減殺請求の事例

  相続人外の者に遺言により遺贈がなされていたため、法定相続人として、遺留分減殺請求を行い、金員の支払いを受けた事例

 

2 事例   

  法定相続人2人

  遺留分減殺請求の対象の主な財産:預貯金、不動産  

 

3 解決方法

 ① 依頼者の方と面談を重ね、方針を決めました。

まずは、遺言執行者に対し、相続財産の目録の提出を求めました(民法1011条)。

 ② 当方でも相続財産の調査を行いました。

不動産についての価値の査定をし、特別受益を調査した上で遺留分減殺請求を行いました。

     ↓

無事、当初想定の金員を得ることができました。

 

※ 当事務所では、相続についてのご相談は初回無料です。お気軽にお問い合わせください。

相談予約:0120-979-742

美北さくら法律事務所「相続・遺言・家族信託」ちらし

受付時間

 
午前 --
午後 --

9:00~18:00
定休日:土日祝
ご予約の上、土日及び営業時間外の対応も承っております

所在地

〒731-0221
広島県広島市安佐北区
可部3丁目19ー19
佐々木ビル(南棟)2階
(可部街道沿い、広島市安佐北区総合福祉センター隣、上市バス停すぐそば、サンリブ前、もみじ銀行可部支店前)
※ 駐車場は、福祉センター裏手にございます。

0120-979-742

お問合せ・アクセス・地図

PageTop