住宅を残した個人再生の解決事例①

カテゴリ: 借金・住宅ローン問題の解決事例

借金・住宅ローン問題の解決事例1

 

Aさんご夫妻さん(40代) 

ご夫妻で「小規模個人再生(住宅ローン特則)」を選択
→ 
居宅を残して、住宅ローン以外の負債を約5分の1に圧縮

負債総額

約3300万円

(住宅ローン2450万円、住宅ローン以外850万円)

債権者数

10社

毎月の返済(当初)

約20万円

同居の家族

5人

月収手取

約26万円

勤続年数

約20年

資産 ※1

約50万円

住宅ローン返済

クロールできます

※ Aさんの資産は預貯金約50万円でした。 お子さんが3人いらっしゃったこともあり、思わぬ教育費がかかり、負債が増えていきました。収入と支出のバランスが崩れてしまったのです。

Aさんと相談の結果、「小規模個人再生(住宅ローン特則)」を選択し、裁判所に申し立てをしました。その結果、住宅ローン以外の負債が、170万円に圧縮され、毎月の返済可能額は「7万円(住宅ローン)+4万7000円」となりました。

個人再生(小規模個人再生)を選択したことによって、

個人再生を選択した場合、住宅ローン以外の負債が約20%になりました。また、住宅ローンはそのままで、せっかく手にした夢のマイホームを手放さずにすみました。

Aさんのように、お子さんの教育費や思わぬ出費により、誰にも相談できないまま負債が増えて行かれる方は、私の相談者の方にも多くいらっしゃいます。

    どうしようなくなり家を手放す前に、まずは当事務所にご相談ください。

(※ 借金問題の相談無料。弁護士には守秘義務がありますので、安心して相談だけでもお気軽にお越しください。)

借金問題専門サイト(美北さくら法律事務所)

受付時間

 
午前 --
午後 --

9:00~18:00
定休日:土日祝
ご予約の上、土日及び営業時間外の対応も承っております

所在地

〒731-0221
広島県広島市安佐北区
可部3丁目19ー19
佐々木ビル(南棟)2階
(可部街道沿い、広島市安佐北区総合福祉センター隣、上市バス停すぐそば、サンリブ前、もみじ銀行可部支店前)
※ 駐車場は、福祉センター裏手にございます。

0120-979-742

お問合せ・アクセス・地図

PageTop